医療現場の現状

医療施設で働く人が常に緊張感に包まれていることは、改めて話題にする必要がないほど世の中に浸透しています。
先進国といわれる国の中でも、日本の高齢化のスピートは突出しており、その影響がありとあらゆるところに出始めています。
医療介護現場は常に人手不足の現状で、危機的状況とまでいわれる医療介護施設が多くなっています。

医師、看護師、ケアマネージャーなどの医療介護現場を担う従事者の人手不足が深刻化を増してきています。充実した医療介護関連施設での手厚いケアを求めて、地方から都市部への人口流入も起こっており、都市部での医療介護が極めて厳しい現状に追い込まれているのも事実です。
地方山間部においては、過疎化や高齢化といった事態が急速に進んでおり、医療介護現場を担う従事者の仕事量は半端なものではないといわれています。僻地医療を支えるのもやはり現地の医師や看護師であることはいうまでもありません。その為現在ではドクターヘリの活用や遠隔医療の導入といったことに活路を見いだそうとする動きがみられています。

あえて、都市部の医療介護現場から、地方山間部に転居をするなどして、困窮する医療介護現場を救おうとする動きも起こっているのは事実ですが、現場の状況を画期的に変えることができるまでには至っていません。
今後においても、日本の高齢化社会の状況は変わることなく続いていきます。医師や看護師、ケアマネージャーなどに寄せられる期待は高まるばかりといえそうです。

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です